退職代行で痛すぎる失敗をしない為に知っておきたい事

平成4年、自己都合にて退職した社員に対し会社が損害賠償を求めて提訴した事件がありました。

判決では損害賠償の請求が認められ、その社員は会社に対し70万円の損害金の支払いを命じられました。
*参照:ケイズインターナショナル事件

・退職代行紹介
近年、自分の代わりに会社に退職を伝える『退職代行』というサービスが流行ってます。

「そちらに勤めている○○さんが退職したいそうです。退職届けを郵送で出すとのことですのでご確認下さい」

と、代わりに会社に連絡してくれるサービスです。

・一般退職代行のリスク
非常に便利に見えるサービスですが、欠点があります。
それは、一般の退職代行サービスは【会社とへの交渉や請求ができない】という点です。

もし弁護士以外の人間がそれをしてしまうと、非弁行為(弁護士法違反)にあたり罰せられます。
弁護士法引用リンク

なので「そちらに勤めている○○さんが退職したいそうなので受理して下さい」とはいえず、「退職したいそうです。退職届け出すそうです」としか言えません。(交渉ではなく伝達しか出来ないので)

「あっ、分かりました」で済めばいいですが、そんなすんなり行くわけありません。

加えて、「離職票が送られてこない」「退職金を出してもらえない」「退職までの有給休暇が許されない」「未払い残業代があるのにもらえない」「会社が訴えると言い出した」などとなった場合、それらの交渉事に一般の退職代行サービスは対応することが出来ません。

どの業者も口を揃えて「訴えられることは稀です」といいますが、ケイズインターナショナル事件の例もありますし、万が一訴えられたら自分1人でなんとかするしかありません。

何も言われず退職できたとしても、退職金や未払い残業代などを会社から拒否されたら自分で交渉しなくてはいけないというのもツライところです。

・自分で出来る解決法
民法上、退職は自由で会社が制限する権利はありません。

退職金や有給休暇、未払い残業代も貰うべき権利を満たしていれば会社は拒否出来ません。

なので堂々と「辞めます。退職日までは有給休暇取ります。あと退職金・未払い残業代を下さい」と言えば会社は支払わなくてはならないので請求すればいいのです。

・手間やデメリット
とはいえ、そんな堂々と面と向かって言えたら苦労はしないですよね。。。

鬼の形相で抵抗してくる上司の顔が容易に想像できます。

・弁護士退職代行の紹介
「じゃあ退職代行は微妙なの?」
という話になりますが、そんなこともありません。
先ほど言った問題点を全てクリアした上で退職を伝えてくれる退職代行サービスがあります。

それは『弁護士自らが行なっている退職代行サービス』です。

・弁護士退職代行のメリット
弁護士であれば非弁行為(弁護士法違反)にならないので、会社側も退職の交渉をすんなり受けるしかなく、退職金・未払い残業代・有給休暇の消化などに関しても堂々と請求してくれます。

証拠さえしっかりあればパワハラ慰謝料すら取れます。

その他何かあったりトラブルになった場合でも、自分の代わりに臆する事なく対応してくれます。

何の心配も無く辞めることが出来るのが弁護士の退職代行です。

現在退職代行を受けている弁護士事務所は多数ありますが、退職させるのに腕の差はありません。(法に則って行うので)

なので自分で良さそうと思ったところに依頼すれば良いのですが、その中でも【弁護士・公認会計士・税理士・社会保険労務士・行政書士】などを抱える汐留パートナーズグループの『汐留パートナーズ法律事務所」が近年退職代行に力を入れています。

東京・銀座に事務所はありますが、もちろん地方で働いてる場合でも何ら支障無く退職代行を依頼することは出来ます。

「弁護士って聞くだけで…なんか高そう…」と思うかもしれませんが、意外とそうでもありません。

一般の退職代行サービスの平均よりも少し高いぐらいですが、それでリスクを排除できて安全を取れるワケですから。

退職金や未払い残業代なんかも貰えるような場合なら、むしろ弁護士に頼んだ方が遥かに得するまであります。

「なんか、頼みにくい…」とかも思うかもしれませんが、汐留パートナーズ法律事務所は「弁護士業界特有の【固い・重い】というイメージを払拭したい」と言っているぐらいで、本当に気軽に相談して大丈夫です。(もちろん相談は無料)

「退職代行使わないと辞められないとか、メンタル弱過ぎでしょ」なんて声も聞きます。

私は全くそうは思いません。

私も辞められない人間だったので、「使ってでも辞めたい」と思う気持ちしか分かりません。

毎朝「会社に行きたくない」と悩み、通勤中に胃が痛くなり、会社では色々考えてビクビクする。

そんな自分ではどうしようもない状況を、自分の代わりにガラッと変えてくれるのが退職代行です。

他人の声なんて気にする必要はありません。

自分のこれからの人生の方が大事です。

「もう辞めたい…。けど言えない…。」と思ったら退職代行を使ってでも辞めるべきです。

会社とは一切話すことなくスッと辞めて、悩みの無い晴れやかな毎日を手に入れましょう。